週刊コドモメンタル

皆さんこんばんわ、codomomental(W)です。深夜です。

 

今日のタイトルは「週刊コドモメンタル」について。

FM FUJI(TOKYO 78.6・KOFU 83.0)日曜22:30〜のラジオ番組「週刊コドモメンタル」

© コドモメンタル

初回放送分は2018/1/7(日)でした。一回目聴いてくれた人ありがとうございました。地域で聴けないとあきらめるべからず。radikoプレミアムに登録(月額350円)すれば全国どこでも聴けるし、いつでも聴ける。リアルタイムじゃなくても聴ける。もちろん「コドモメンタルRADIO」も「週刊コドモメンタル」のどっちもね。うん。

 

少年がミルクと私イマムラノブヒデ(アシスタントは関上貴也)が担当するレーベルラジオ番組になります。はい。

 

初回放送いかがでしたでしょうか? まだまだ触りの触りしか話せておりませんが、いつもの水曜日「コドモメンタルRADIO」よりも長い時間を話しています。いや、尺は変わらないんだけども楽曲を流す回数を減らしているので長く話せています。

 

もともと名古屋のFM局でsyamの時にやってたラジオ番組がとても心に残っていて、どうしてもやりたいと思っていたのがこのような番組でした。そして俗に言う「コドメン祭り」を始めた頃から絶対にやるんだと思ってました。色んなゲストアーティストも呼びたいしね、LIVEにもそうだし、ラジオも。

 

始まりの初まりを話していました。

 

僕とミルクと、今コドモメンタルアーティストの全衣装を担当しているKOH ISHIGURO(ミルクの実兄)の3人だけで前身の会社をやっててね、そこからラジオで話しさせてもらった感じで、僕とミルクでのコドモメンタルが始まっていきました。

 

いつかサテライトスタジオのカーテンを開けてやろうと考えてますよ笑 その時は大集合お願いしますね、ただの歩道だけど笑

 

基本的に時間は全然ないんですよ、スケジュールはいつも詰めつめで。こんな事話したいなぁってなってもなかなか時間もなければ場所もない。ツイキャスとかはいい時間帯じゃないと出来ないし、いい時間帯はだいたい仕事してる。そもそも「コドモメンタルRADIO」はアーティストの子たちのスキルやパーソナルがもっと伝わるような場所であってほしい。そしてなによりまた少年がミルクと同じ空間で何かを作っていきたいと思ってたわけです。

 

もちろんLIVEとかね、一緒に作っていくものって音楽もそうだしあるんだけど、もっと素に近い状態が面白いんですよ。あ、ミルクがね。アーティストなので、アーティスティックな部分が当たり前にあるし、面倒な奴なんだけど、愛に溢れてる人だし、もっともっと沢山の人に愛される人なんですよ。だからね、そのあたりが伝わればと。

 

割となんでも話していますよ。良かろうが悪かろうが積み重ねてきたことがあるから。音楽業界なんかに興味がある人も聴いてもらったらいいと思います。Disりまくってるけど笑 あーこんなバカたちでもやれるのか、と思うかもしれません。

 

本当に”何もない”ところから始まったのでね。しかも基本的に”ぜんぶ自分たちでやる”ってことにも結構矜持も持ってやってますからね、僕らのやり方があってるかどうかはどうでもいいけど、間違いなくモデルケースとしては笑えるものになっています。

 

これからは自分たちが大好きなアーティストや本や邦画や文化なんかを紹介したり、ゲストのアーティストを呼んでみたりとかしたりもしたいし、企画とかも沢山やれたらなと思っています。こんな事やってほしいってのがあったらお便りをどしどし送ってくださいませ。案外いい案はすぐ採用します笑

 

shukan@fmfuji.jp

 

来週は1/14(日)22:30ね。1/14(日)と言えば、ぜん君。如月さんの生誕渋谷eggman(SOLD OUT)だし、つれづれと幽世は大阪江坂MUSEで無料企画だね。あれですよ、暇過ぎて死ぬかもしれんって人だけ聴いてくれればいいです。それか空いた時間の時間つぶしとかね。

 

毎週日曜日22:30〜FM FUJI「週刊コドモメンタル」よろしくどうぞ

© 劇場版ツンちゃん

ふふふ。

関連記事

  1. なんとなく

  2. ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

  3. ぜんぶ君のせいだ。「Egoistic Eat Issues」前半

  4. 狭い箱の中と独りの闘い

  5. あけました。(3)

  6. ゆくえしれずつれづれ「MISS SINS」 ライナーノーツ

  7. 音楽をやっていくということ。

  8. リリース

PAGE TOP