ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

皆さんこんばんわ、codomomental(W)です。

 

今日はぜんぶ君のせいだ。の「みんなごとTOUR」について。

 

ぜんぶ君のせいだ。の活動は単純。リリースしてインストアツアーして箱ツアーする。まぁでも言ってもどんなアーティストも基本形はこれです。

© ぜんぶ君のせいだ。

このツアーが始まったのは9/30(土)名古屋クラブクアトロからでした。写真をあげてってるとキリがないので割愛しますが、そこからこのツアーは始まりました。と同時にぜんぶ君のせいだ。のその時の形が終わった時でした。開幕と同時に終わりってのも乙だったんですよね、実は。ただ、メンバー4人はギラギラしてたんですよ。そん時に「うん、別になんも問題はないな」って思いました。この業界脱退とかの話は別に面白いものはなにもなくて、例えばナタリーなんてチェックしてたら2日に一回は◯◯脱退なんて見出しが目に付きます。アイドルでもバンドでも。この世界は自分が頑張る以外の方法なんてないから、自分が納得する形でやればいいので、別にそれについてあーだこーだ言うことはありません。

 

ただ一つ、また新しい形が始まったなと思ったのと同時に、この人たちならきっと自分たちが思い描く所に行くんだろうなって。そんな風に始まった今回のツアー。

 

今回のツアーは皆が知ってる通り、24都市30公演ということでした。いやまだ終わったわけじゃないんだけど、どこかで書きたいと思っていたので。ツアーTシャツのぴよぴよ仕掛けで「沖縄あるじゃん!」ってなった人もいて、沖縄が追加されて25都市31公演。ファイナルは前もっていっていた通り渋谷WWW Xです。現在残すは2/18(日)下北沢GARDENと2/25(日)渋谷WWW Xです。どちらもソールドアウトとなってます。

 

31公演って長いんですよね。

 

でもこの長い期間に彼女たちの口から「辛い」って一回も聞いたことないんです。「楽しい」なら何度もなんども聞きました。もちろんこういう団体行動なので細かい嫌なこととか沢山あったと思うんだけど、それでも楽しい、終わるのが寂しいって感じしか見たことがない。そしてLIVEが終わる度に今日のLIVEはこうだった、ああだった、ファンの皆がこうだったああだったって話するんです。

 

他のグループのことは知らないけども、アイドルというジャンルの形態でツアーのチケットが各地完売していくのは多分結構稀なこと。ツアーともなれば「どこかで見れるでしょ」「当日券あるでしょ」「チケットほしいけどお金ないし」「モチベがうんたらかんたら」と色んな理由をみかけます。別にぜんぶ正しいと思います。し、正しくないとも思います。もちろんファンの皆あっての活動、だからお客さんが決める権利ってのは間違いなくある。当たり前。だけども作る側にも様々権利があって。そのバランスで世の中のアーティスト活動は成り立っています。ぜんぶ君のせいだ。もこれに則って活動していますね。

 

ぜんぶ君のせいだ。は出来る限り色んな土地に行きたいと思って活動してきました。その結果が今回のツアーにも繋がっていて。24都市の中で一度も行ったことない土地なんてめちゃくちゃ沢山あったし、箱LIVEしたことない土地はもっといっぱいあった。その土地土地で、色んな人が来てくれたり近場の県の人は軽めに遠征してきてくれたりいつも来てくれる子たちはずっと追いかけてきてくれたり。それがツアーです。そんな中でソールドアウトする公演が出来ることってとても意味のあることなんです。色んな要素があるけども、この規模感のツアー本数を回ってる人たちでもこの結果を出すということはなかなかないことだと思います。本当に頑張ってると思う。

© ぜんぶ君のせいだ。

今回実はソールド切ってもいいなって箇所は何箇所もありました。実際にソールド切ってない場所でも。キャパというのは箱側が決めているものなんだけど往々にしてその人数入れたら事故になるというくらいのキャパが示されています。実際皆が知ってるネット情報でのキャパというのはだいぶオーバーだったりします実はね。これ怒られちゃうのかもしれないけど笑 酸欠だったりLIVE中の事故だったりが起こってしまうくらいがキャパ上限だと思っていてくれたらいいです。で、安全性が確保出来るギリギリを皆ソールドにしています。だからこのツアーではそのキャパギリギリの公演が何度かあったんだけどソールド情報を出していない箇所もありました。初めていく箇所とかは特にそうですね。次回の楽しみだよね

 

それでも初めていく土地なんかでもちゃんと決められた枚数を売り切ってソールドを何度も出してきています。誇らしい気持ちになりますよね。実際数がうんたらってのはあまり気にする必要はないのかもしれないけど、やっぱり満員のお客さんの前でLIVEさせてあげたいって思うものです。そしてその為の努力を皆でしようと思っていつも行動しています。少しでも何かが伝わってLIVEに足を運んでくれるとそんな嬉しいことはないですから。

 

色んな土地に行ったなぁ。

 

名古屋から始まって、大阪や日本海側の福井。その次は九州3県を回った。福岡から熊本へ行って大分へ。大分の日には台風がきましたよ笑 台風の中、初めての土地大分にお客さんも集まってくれて本当に嬉しかったし心強かった。有難いことだって実感しました、メンバー共々。

 

そこからとがもん(咎憐无)の生誕が渋谷であってね、しっかりと即完ソールドだったね、おめでとう。LIVE中MCがないぜん君。LIVEなんですが生誕だけはMCがあるんですよね。そこでとがれなんか話す度「…うん…うん…」って言っててね、こっちまで危うくな感じでしたね笑 思えば2016年12月30日(金)にLIQUIDROOMでデビューしたとがれも1年活動してますからね、色んな想いがあったんだと思う。凄くいい生誕だった。

© ぜんぶ君のせいだ。

そこから数日後には平日のハロウィンSPと題した日があったね。平日のeggmanをちゃんと満員にしてました。この日は「独白園」(ひとりごとがーでん)の衣装を着たんだった。この日しか着てないんだよね。とてもレアな1日になったね。

 

11月に入ってからは初の高松ワンマンをやって、そこから札幌があったね。もしかしたらもうしばらくはあの「KLUB COUNTER ACTION」でワンマンをやることがないかもしれない。けどしっかりとソールド公演だった。そして関上の故郷群馬で初ワンマンやって、長野へ、初の場所で言えば埼玉ワンマンも初だった。で、横浜(神奈川)。yokohama F.A.Dは僕たちがインディーズであること、自分たちでぜんぶやっていくDIYであることを気に入ってくれてすぐに箱の空き日を調整してくれるんですよね。本当に有難い。

 

で滋賀でも初ワンマンさせてもらってから仙台でいつもやってた箱の1ランク上の会場をソールド公演にすることができたね。そこからはX’mas公演の大阪やって、名古屋やって、2017年のツアーとしてはその名古屋公演で終わったんだったな。X’masはどっちも鬼のように熱いLIVEだったし、ぶっちゃけ名古屋公演はソールド出し忘れた笑 普通にソールド公演だったんですよね笑

 

そんなこんなで年が明けて2018年。

 

早速ぜん君。さんは愛媛で初ワンマンさせてもらった。集客としてはまだまだだったけどとてもいい経験が出来て嬉しかった。で千葉も初ワンマンやらせてもらった。ソールド公演だったな。元祖バンド箱って感じの箱で酸欠続出って感じだったのが印象深い。この日千葉から帰ってきて夜中からぜん君。さん会議やったんだよね。何か言いたいことがあればなんでも言い合うのがぜん君。さんで。僕も普段言わないようなことを言った。ぜん君。さんはとてもしっかり者たちだしメンバー皆覚悟は半端ないので別に怒ることなんかあんまりないんだけど、細かいことをね。このツアーで大事な日だったと思う。

© ぜんぶ君のせいだ。

そしてー岡山だ。僕は行けない日だったんだよね。なんで行けなかったんだっけ…あまり覚えてないけども悔しかったね。岡山がどうだったかは行った皆が教えてちょうだい。で、如月愛海の生誕だ、eggman。大事な箱なんですよ勝手に想ってる。如月さんもおめでとうだった、真っ赤な1日だったし史上最高にチェキを撮った日でもありましたね笑 如月さんいかったらコドモメンタルはいわゆるアイドルというジャンルは出来ませんから。事実です。

 

いつも僕含めスタッフ全員が助けられています、ありがとう。そしておめでとうでした。

© ぜんぶ君のせいだ。

その次は新潟公演だったんだ、初の新潟ワンマン。この日も感慨深かったね。ソールド切ってもよい感じだったけど、それは次回の楽しみにしようってことでね。なんだかとても素敵な街だった。そして神戸だ。神戸も僕行けなくて悔しかったなぁ、この日の感じも教えてね。で広島。今回でこの箱もしばらくないかもなぁって思いながらソールド公演でした。平日だったけどちゃんと皆が来てくれて嬉しかった。

 

島根行ったね、寒かったね、途中鬼のように雪降ってて個人的には雪大好きだけども大丈夫かしらって想ったんだった。暖かい箱の人たちで嬉しかった。また次は満員のお客さんでやりたいね。そして修学旅行コースの奈良京都。両公演ともソールド公演。奈良は熱すぎて演者もバンドもファンの皆もお風呂上がりみたいになってた、外雨なのに笑 とてもとても嬉しかったよ。京都もほぼそんな感じだった。よちゃんが誕生日になったからメンバーたちと「よっちゃんを甘やかすDay」してましたね。いい日だった。

 

残す公演は下北沢と渋谷。両公演とも東京で両公演ともソールドしています。

 

まず2/18(日)の下北沢。四の生誕だけども、ぜんぶ君のせいだ。のワンマンLIVEとしてGARDENをソールド出来たのは初です。なんだか色んな状況(日程とか)がよくなかったのかこのGARDENをソールドしたことはなかったんですよね。四もそれを本当に喜んでた。だし、ワンマンとして最高にいいLIVE・生誕としては完全緑に染めあげてください。ちょう楽しみだね。この日は「幸せ」以外の言葉は入りません。皆さんも然るべき覚悟でお願いします笑

 

そしてファイナル。渋谷WWW X。ちゃんとキャパMAXにてソールドアウトです。撮影も入ります。キャパがMAX過ぎて撮影を入れるという話を箱側と調整するのに結構困りました。キャパ減らしてください的な感じになりそうでした笑 あ、それと耳寄り情報だけども僕ら以外の少し変わった”撮影”も入ります、後日ちゃんとアナウンス出来ると思います。

 

約1年間お世話になってきた”戦闘服”とさよならかもしれません。これも楽しみであり寂しくもあり。少し話は変わるけど僕は衣装をちょこちょこ変えるのが好きじゃないです。衣装を早く変えてくれっていう意見もありますがあんまりそこに積極的ではないんです。まぁもしかしたら今後すぐ変えてしまう衣装もあるかもしれないけど、あの服に身を包んでLIVEするメンバーたちが僕は大好きです。新しくなったら今度はその服を愛してその服に力をもらってその服と一緒に戦っていってほしい。だからあんまりほいほい変えたくないのかもしれません。でも、そろそろかなと。

 

発表もあります。

 

今後のこともしっかりと決めていっています。挑戦も沢山ある。今回のツアーは本当にぜん君。のメンバーを強く可愛くしなやかにしてくれたし、各地の皆に感謝しています。これからぜんぶ君のせいだ。は色んなことに挑戦していくけど、もしよければ各地から力を貸してくれると嬉しいなと思います。そしていつも支えてくれるファンの皆と共に、これからも精一杯頑張っていきます。

 

みんなごとTOUR

 

そう銘打ったこのツアーを回ってきて本当によかったと思う。いや何度も言うけどまだ終わってないけど笑 これからコドモメンタルはリリース期に入ってきて、そうすると僕の心はささくれ立ってきてすり減ってしまうのでその前に書いておきたかったです。本当に楽しいツアーです。ぜんぶ君のせいだ。のツアーは日本一楽しいって胸張って言えます。だってツアーじゃなくてもインストアでいつもお世話になってきた土地にも箱LIVEしに行けて僕らも嬉しさが何倍もに増してるわけなんで。

 

そして挑戦沢山していくんだけど、また皆の街にも行きたいです。だから挑戦をしっかりと皆と成功させたいです。真正面の素直な気持ちです。

 

ぜんぶ君のせいだ。は決して急いで活動をしていません。いきなり大きい箱もやっていません。皆と共に進んできてる自負があります。乗ってるとか今キテるとかそんなのじゃなく、皆の街に行って、皆と共にぜんぶ君のせいだ。は成長してきました。絆と共に。

 

如月愛海・ましろ・一十三四・咎憐无。

 

最高のメンバーと「やみかわぐん患い」という最高のファン。いつも僕らスタッフは皆に教えてもらってばかり。これからももしかしたらそうなのかもしれないけど、それでもこうして皆と共に走っていけることを心底誇りに想っています、本当にありがとう。

 

ファイナルを入れてあと残り2公演プラス1公演。

 

最高の景色を作ろうね。愛と優しさをしっかり持って、マナーを守って、熱いLIVEを一緒に作ろう。僕らは裏方として、メンバーはステージの上で死力を尽くして、ファンの皆はステージの上で頑張るメンバーと共にフロアで最高に輝いてね。

 

ファイナルを迎えるその時にはきっと「みんな」で

 

笑いあっていよう。

© ぜんぶ君のせいだ。

 

楽しかったって、面白かったって、そしてその先にまた、みんなで作る未来を一緒に想像して。

 

ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

 

最後まで楽しみ過ぎるよ。

 

関連記事

  1. 狭い箱の中と独りの闘い

  2. PTP問題

  3. ぜんぶ君のせいだ。「Egoistic Eat Issues」前半

  4. 週刊コドモメンタル

  5. なんとなく

  6. 幽世テロルArchitect「かごめかごめ / Hybrid TABO…

  7. 東名阪最大の挑戦「おぼろばんからからーTOUR」

  8. マネジメント

PAGE TOP