404AUDITION

皆さんこんばんわ、codomomental(W)です。深夜です。

 

今日のタイトルは「404AUDITION」について。


 

本日8/26(日)新宿LOFTにて、404AUDITIONの優勝者が決まりました。

 

優勝は été です。

 

優勝おめでとう。これからよろしく。

 

そして、参加してくれたバンドやアーティストの皆さんもありがとうございました。

 

僕はしばらくのブランクからこの世界(音楽業界)に帰ってきた時絶望にも似た感情を抱きました。狭くて深いこの世界が、音楽を軽視しているように見えました。それは僕がまだ表層しか見えていないのかどうなのかはまだわからない。だけども、少なくても僕ならそうしないと思うことは山ほどありました。

 

音楽ビジネス。なんだとしても僕は最大限の愛情を持って何に関しても関わりたい。そう思ってるし、そう決めてる。

 

身体が何個もあるのなら、所属アーティストのLIVEには全て行きたいと思ってるし、その制作から何から何まであーじゃないこーじゃないって朝までやっていたい。死ぬまでずっとそうしたい。ただ残念ながらぼくの身体は一つしかない。それでよく精神的にも不安定になるくらい、それくらい関わらせてもらってるアーティストの事は皆大好きです。

 

404AUDITION 最初は僕がバンド含めのオーディションをしたいって言った所から始まりました。それを先輩でもあり弊社取締役でもある知久が「お、面白そうじゃん」って言って色んな所へ持っていってくれました。CINRAの万作さん・eggsの大城さん・ダイキの栗原さん含め皆さんにお世話になりながらこうして一回目を終える事ができました。この場を借りてお礼を言わせてください、本当にありがとうございました。

 

ステージに立つ全ての人の持つ「初期衝動」、そんなものに僕や僕らは突き動かされます。

 

何をしたとしても、この人たちの音楽を世の中に聴いてもらうんだ。という気持ちが生まれてきます。どれだけ家に帰れなくても構わない、どれだけ苦しくてもどんとこい、そう、思って今も活動をさせてもらっています。

 

それでもそれが形を成すのはいつもいつでも、ファンの皆が居てくれるからなんだよね。

 

バンドやアーティストやアイドルなんでもそうだけど、大きなステージに立てるのはほんの一握りで、それ以外の人はずっともがきながらやっていくものです。皆が人気になんてなれない。そのほんの一枠を狙いながら日々を生きていくんです。色んなものを犠牲にしながら。だから僕らも同じ、色んなものを犠牲にしながら前へ進んでいくんです。

 

各地で観たバンドやアーティストの皆もとても素晴らしかった。本当に心の底から今後も頑張ってほしい。

 

まだこの世の中には未検出のアーティストが沢山いるはずなんです。そんなアーティストを見つけて皆に聴いてもらう事が出来たらいいなと今も思っています。だから来年もやるね。

 

そして été 。

 

Shibuya eggmanで観た時は「あ、事件だ」ってなんか普通に思ったんですよね。かと言って今日まででどこまで成長してるかとか意識的な所も見てたつもりなんだけど、今日もとても良かった。本当に今後が楽しみなバンドです。音楽が好きなそこの君は絶対にマストでチェックしてほしいわけです。

 

コドモメンタルには最近バンドも増えてるけど、含め、皆精一杯音楽と向き合ってるので沢山ニュースが出せると思います。

 

どうぞ皆さん応援してもらえると幸いです。

 

404お疲れさんでした。また来年。

関連記事

  1. 週刊コドモメンタル

  2. 形在るものに固執しない

  3. 幽世テロルArchitect 2ndシングル「ユビキリゲンマン」

  4. サイトが攻撃を受けまして

  5. TOURや制作

  6. PTP問題

  7. リリース

  8. 少年がミルク「空砲一揆アノニマス」

PAGE TOP