幽世テロルArchitect「かごめかごめ / Hybrid TABOO」

皆さんこんばんわ、codomomental(W)です。深夜です。

 

本日は新ユニット「幽世テロルArchitect」の1stについてのお話です。

 

幽世テロルArchitect 1stシングル「かごめかごめ / Hybrid TABOO」

© 幽世テロルArchitect

M1:かごめかごめ
M2:Hybrid TABOO
M3:逆十字

 

本日YouTubeにてMVも公開されました。

 

幽世テロルArchitect「かごめかごめ」

 

はい。

 

幽世テロルArchitectをやりたいなぁと思ってたのは結構前のことで。コドモメンタルでデジタルに偏ったことをしたらどうなるのかってのを自分でも知りたくてずっと考えてました。常に行ってるコドモメンタルのオーディションには毎月3桁くらいの人が応募してくるんだけど、その全てを僕自身が自分で見てて、たまに気になった人にはメールを送ってみたり話を聞いてみたりしてて。そんな中メンバーの「のなめら」が連絡してきて。

 

あれ、この人間どっかで見た事ある気がしないでもない…あーあの子か。みたいな感じで。その時僕は要約すると「舐めんじゃねー」みたいな事をメールで送ったんですよ。でもほんの少ししか見てなかったけど、なんなく前の時の事を思い出してて、面白かった、ような気がしたので一回会ってみようかなと。で何度かリスケして(面談は僕しか担当してなくて僕自身が一番スケジュールないのでよくリスケが起こるんですが…)会ってみたんですよね。で、オーディションで泣き出してしまうなんて子は結構沢山居て、僕からしたら「あーそう」くらいにしか思わないんです普段。いや、こういうと僕が冷血漢みたいに思われるかもしれませんが、何千人って見てきてるので、なんとなくまじかどうかってすぐわかるし、変わってるアピールしてくる人もうざいなーくらいにしか思わないんです。

 

でものなめらからはなんとなく「本気感」が伝わってきて。じゃあなんかやってみようかしらと思って。思ったはいいんだけど、僕も普通に普段からいそいそしてるので日にちはそのまま経っていってて、そこでなんとなくまた思い出したのが「个喆」の事だった。1度面談はしていて、その時はやっぱ断ったんだけど、あの人間ならちょっと面白い化学反応が起こるかもしれないなぁって思ってすぐ連絡して。そんですぐ呼んでそしたら今絶賛家庭環境が複雑系ですってみたいな事言ってて「あ、この子だ」ってなって。別に家庭環境が複雑な子がいいってわけでは全然なくて、その時のタイミングと状況にたまたまマッチしたってだけなんだけど、僕の中でスイッチがパチッとハマったというか。

 

幽世って「禁忌がTABOO」ってのを決めてて。

 

それをメンバーには言ってなくて、敢えて言わずに来てて。全てこのデビューのために仕込んできてて。最初に出したアー写も、最初に出した衣装も、最初に出した曲も、ぜんぶをCDデビューの時に「裏切りたい」って思って進めてたんです。だからメンバーもビックリしてると思うけど。

 

なのでお披露目をしてからすぐオーディションを初めて、送られてきた中でピンと来たのが「ヤマコマロ」だったんだけど、オーディションに来た時は全然イメージ通りじゃなかったので、出れるようになってきてと言って。精一杯努力してきたんですよね。なかなか辛かったと思うんだけど。あ、たまに言われるんだけど、前なんかやってないとダメなのか、とかやってた方がいいのか、とか聞くけど、どっちでもない。気にした事ない。いいか悪いか、その時の僕のフィーリングでしかないです。だから前なにがあったとかまじでどうでもいいです。今からの事なので。で、今の形。今の形が最上かって言われたらちょっと首を傾げたいので、今で決まりってわけじゃないかもしれない。けど、そのまま行くかもしれない。要は決めてないし決めたくない。

 

そんな中での1stシングル。

 

面白いものになったと思います。

 

でももっと頑張ってほしい。それしかない。

 

表現の幅はどんと用意したつもりです。

 

M1「かごめかごめ」はデビュー曲はとてもハイブリッドなものと、インダストリアルなものがいいなと思っててこの曲に。僕の中の「わらべうた」は基本的に常世(幽世)のものっぽくて、結構昔からも好きだったので、ちょうどいい感じになって。実は11/29(水)に2ndシングル「ユビキリゲンマン」を出すよって言ったらこのわらべうた並びに気づいた人もいて、すごく嬉しかった。

 

そもそも戦争ばっか起きてて、日本は平和だっていうけど隣の国では核だミサイルだって言ってて、きっとずっとこの世界は幽世めいてるんですよ。だったらそのままそんな感じでもいいじゃん、だって皆言わないだけで思ってるんでしょ?ってのが幽世のコンセプトなんですよね。潔癖過ぎる表現世界で、あれやったら誰かに叩かれて、あれやったら今度は誰かに叩かれて。正解なんてないこの業界でダメな事なんてないはずなんです(法に触れる事はダメですもちろん)。でも、ある。例を挙げたらこの世界ではいじめだってなくなっていないし、自殺率だって高い。僕らが知らない(認識してない)所で目を覆いたくなるようなことが沢山起きてる。

 

目を逸らしたくないなって思うんです。

 

ぜんぶ知る事なんて出来ないけど、聞こえない見えないからって蓋出来ないんですよ。だからそういうの幽世に暴いてもらうっていうか、表現してもらいたいなって思ってるんです。いい事も悪い事も。そして蓋出来ない「何か」になってほしいんですよね。禁忌とされても禁忌にする事が出来ないなにかに。

 

あ、話が逸れている。。。

 

まぁとにかくそんな感じです。まとめると、この世界とは、みたいな事を歌っていますね笑

 

M2「Hybrid TABOO」は幽世の紹介曲とでもいうような。和樹がとてもハイブリッドな楽曲を書いてくれてのこの感じ。うんうん、そうそう、こーゆーわけわかんない感じ。って感じの笑 とても気に入ってます。今思えばもうちょっとRECで追い詰めててもよかったかなと笑

 

M3:逆十字(サカサクロス)は、ヤマコマロが入る前の音源になるんだけど、とっても可愛い曲だったから歌詞を面白くして宗教的なタブーにどこまで突っ込めるかなーと。もうそのままです笑 でもこれがコドモみたいな声した人間たちが歌うとどうなるんだろうと思いまして。POPだね笑 いやそれでいいんだけど。今聴くと結構ハードなんですよね。バ◯カンに◯られるかもしれない。

 

という感じの3曲。

 

とりあえず全国に挨拶いきます。一度観てもらったらいいと思う。本気でやってるかどうかなんて一回みたらちゃんとわかると思うので。

 

もっともっとやってみたい事たくさんあるんですよね。やれるように精一杯頑張っていきます。

 

関連記事

  1. ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

  2. 音楽という真ん中を進む

  3. こどもめんたる〜はっぴょうの拾〜

  4. コドモメンタルセット

  5. リリース

  6. あけました。(3)

  7. ゆくえしれずつれづれ「Loud Asymmetry」セルフライナーノー…

  8. あけました。(1)

PAGE TOP