東名阪最大の挑戦「おぼろばんからからーTOUR」

皆さんこんばんわ、codomomental(W)です。夜です。

 

今日のタイトルは「東名阪最大の挑戦おぼろばんからからーTOUR」についてです。


 

東名阪最大の挑戦「おぼろばんからからーTOUR」

©️ ぜんぶ君のせいだ。

オフィシャル先行チケット(抽選)が明日8/12(日)の23:59までです。下記URLよりチケットの抽選申し込みが可能です。

http://eplus.jp/zenbukiminosei

よろしくお願い致します。

 

2018/05/03(木祝)に東京渋谷TSUTAYA O-EASTをソールドさせて、LIVE DVDを出すまでさせてもらいました。つい3ヶ月前の事なんですが、今回の東名阪ツアーはその規模感がほぼ同じ会場になります。どの会場もほぼ1,000人を収容出来るキャパシティを持っています。

 

TSUTAYA O-EASTの時は、それこそ全国から患いの皆が集まってくれてしっかりと誰に恥じることのない完売を出すことが出来ました。それに呼応するように、メンバーたち・バックバンドの皆も全力に全力でLIVEすることが出来た。もちろんぜんぶ君のせいだ。はいつも全力でやらせてもらっているけども、それでも言葉にしたらきっとこの日は全力の全力だったんだと思う。

 

心斎橋BIG CAT

言わずと知れた関西の大箱になります。この上のキャパシティになると、なんばhatch(約1,500)そしてZepp Osaka(約2,100)となります。BIG CATの上のキャパシティを持つLIVEハウスはこの2つしかありません。

 

ぜんぶ君のせいだ。が初めて大阪でワンマンLIVEしたのは、BIG CAT近くの心斎橋DROPというLIVEハウスでした。当時ぜん君。として一番初めてのツアーが東名阪ツアーだった。DROPに集まってくれたのは約170人のファンの皆でした。その時はソールドにはならなかった。今は例えばましろ生誕で使わせてもらったSUN HALLなどキャパMAX450を一瞬でソールドしたりとそんなこともあるけども、大阪も今までずっと積み重ねてきた場所です。DROPでワンマンやって完売ではなくて、その次の通称僕喰ツアーでもやって、完売出すことが出来た。SUN HALLもなんども挑戦して「ANARKIMIZM TOUR」では完売出せず「新生我尽ツアー」で完売を出すことが出来た。

 

こう言うとちゃんと完売してってるじゃんとは思うかも知れないけど、ワンマン以外でもインストアやその他でずっと積み重ねてきた気持ちがある。本当の意味での挑戦になります。

 

名古屋DIAMOND HALL

名古屋のLIVEハウスの中で2番目に大きいLIVEハウスです。このビルの地下SPADE BOX(約350)ではよくワンマンをしてしっかり完売させてもらったりしてきました。名古屋はぜんぶ君のせいだ。が一番最初にワンマンもLIVEもした土地です。場所は上前津club Zion。150キャパのLIVEハウスに180人入れたのがぜんぶ君のせいだ。の最初のLIVEとして、最初のワンマンでした。まだ右も左もわからない状態から音源を出してフリーサンプラーを各地で手配りして必死で行ったのがその日でした。一十三四が初めてステージに立ったのがこの日でした。

 

それから文字通り幾度となくLIVEをさせてもらった土地だし、色んなことを体験させてくれたのもここ名古屋でした。コドモメンタルははじめから関東にも事務所を持っていたけれど、名古屋だと言うイメージが強いのも名古屋でぜんぶ君のせいだ。がLIVEしていたからだと思います。何度かイベントで立たせてもらったこともあるこのDIAMOND HALL。とても広い場所です。いつかワンマンを、と思ってやってきています。DIAMOND HALLでしっかりとワンマンして、次のステップZepp Nagoyaに行けた時、いつかイベントでましろが言った「いつかワンマンで帰ってくるから」と言う言葉が本当になる日です。その前にこのDIAMOND HALLでどこの誰よりも熱狂的なLIVEがしたいと思っています。

 

恵比寿LIQUID ROOM

今回のワンマンで3回目となります。LIQUID ROOMは。一度目は、咎憐无加入にして、成海5才が脱退した2016/12/30。2度目はアナーキミズムツアーのファイナルでしたね。一度目は完売を出していないけれどしっかりと完売状態でした。二度目は平日ということもあり7割程度でした。

 

今でも咎憐无加入の時は忘れません。僕は当時、5才脱退の日だったこともあり、メンバーも含めて最高の状態で送り出してあげたいと何か異常なプレッシャーの中に居て、とがれ加入の瞬間までバタバタしていました。 とがれはアンコールで皆の前に立ったんだけど、それまでもステージ袖でずっと練習してて、たまに目が合うと引きつった笑いを見せていた覚えがあります。

 

あの日から約1年半、ぜんぶ君のせいだ。淡紅色「咎憐无」(とがれん)として、随分成長したし、今ぜんぶ君のせいだ。を知ってる人はあたかもとがれは最初から居たような気がしているかもしれません。でもとがれは途中加入で、必死の想いで現メンバーたちに追いつきたいと努力を重ねてきました。同様に、3人のメンバーも負けじと努力を積み重ねてきたのがぜんぶ君のせいだ。です。

 

4人で立つLIQUID ROOM、そして始まっていく物語の中でもとても重要な大発表もあります。絶対に来て欲しいなと思います。

 

東名阪最大の挑戦「おぼろばんからからーTOUR」

9/17(月祝)心斎橋BIG CAT
9/24(月祝)名古屋DIAMOND HALL
9/27(土)恵比寿LIQUID ROOM

 

とてつもない挑戦なんです。この東名阪3箇所でワンマンLIVEが出来るアーティストはそう多くはいません。ただただ挑戦です。もしかしたら結果的にガラガラだったなんてこと、全然あるかもしれません。

 

ただどんな状態だったとしても、必ず以前を更新するようなLIVEにすること、これだけはメンバー共々誓います。

 

9月はフェスを除けば、この3本のLIVEしかありません。全てこの3日の為に調整し、準備し、最高の状態でその日を迎えられるようにと考えています。

 

日付がかわり本日8/12(日)23:59までがオフィシャル先行チケットの申し込み日です。

 

全国各地の患いの皆さん、何卒よろしくお願い致します。

 

関連記事

  1. ゆくえしれずつれづれ「MISS SINS」 ライナーノーツ

  2. 狭い箱の中と独りの闘い

  3. 少年がミルク「CURTAIN CALL」MVについて

  4. オーディション

  5. ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

  6. 少年がミルク「CURTAIN CALL」MV解説

  7. リリース

  8. コドモメンタルセット

PAGE TOP