CULT CHAOS CUTIE TOUR 2019

皆さんこんばんわ、イマムラです、深夜です。

 

今日のタイトルは「CULT CHAOS CUTIE TOUR 2019」について。

 

ぜんぶ君のせいだ。29都市31公演ワンマンツアーです。

©️ ぜんぶ君のせいだ。

いやー色んな事があった。

 

良いも悪いも飲み込んでここまでやって来て、今があるわけであって、過去は過去として素晴らしいものだと思ってる。そうして体現して来たのがコドモメンタルでもあるし、ぜんぶ君のせいだ。でもある。

 

僕がこの世界に戻って来てとてつもない絶望をしてから数えて約7年程。コドモメンタルというモノを初めてからは5年程。音源を世界に出すようになってから3年。その間に200曲以上のモノを制作して世の中に出して来た。誰かに左右されないように、何かに右往左往しないように、僕らはぼくらなりに、何かと並ぶ必要はなく、何かに媚びることも一切なく、誰かに支援してもらう必要もなく。僕がこんな性格だから、きっとグループや各メンバーも、そしてきっとバンドの子達もそうで。良いんだか悪いんだか、とにかく批評家や評論家にだけはならないように、決して外から自分たちを如何の斯うの言う人間にならないように、絶対に中で、渦の中に居てもがいてどんな事があったって前に前いに突き進んでいけるように、音楽だからこそ其れが出来るようにってやって来た。

 

事実、ぜんぶ君のせいだ。と言う何かは、それを常に体現して来た存在で。幾度もリリースを経て、その度に無謀だ無駄だって言われて全国を回って。リリースイベントも、全国ツアーも、誰かの価値観ではなく、自分たちが納得出来るように必死でやって来た。メンバーが脱退する事だって何度もあった。さっきも言ったように、過去は過去としてとても素晴らしいものを一緒に創作してきてるからこそ、今笑いながら前に進んでいける。ああだったこうだったと言って笑い合える。きっと、患いの皆ともそうなはずで。

 

ボロボロになりながらも自分たちと向き合って、音楽と向き合って、そんなメンバーを皆で支えられるようにって。音楽を作るもの、世界観を作るもの、実世界の調整をするもの、そうやって少しずつやってきた。メンバーたちは誰も最初から凄いなんて事はない。数字なんてない。世間の誰も知らない。それでもこうしてやってきた。

 

会社だってそうで、コドモメンタルってなに?ってところから始まっている。最初に打ち合わせをした流通では半信半疑で色々言われた。かまされたのも覚えている。今でも忘れはしない。けれど仕方ない、そう言う所からやるって決めたんだから。「やみかわIMRAD」を出して「無題合唱」を出して、そうしていくうちに周りはああでもないこうでもない言うようになった。けれど僕らにはそんな事全然関係ない。最初から決めていたから、誰かに何かに左右される事は絶対にないって。

 

やりたい事を、やりたいタイミングで、どんな壁も境界線も必要なくて、僕らは自由で、圧倒的に一人ぼっちで。

 

それでも、

 

30公演にも及ぶワンマンツアーが出来るようになった。47都道府県のうち、29の都道府県に行ける。Zepp Tokyoや日比谷野外大音楽堂でワンマンや単独公演をした。今まで9枚のシングル(次作含む)・4枚のアルバム・2枚の再録アルバム(次作を含む)を出してきた。そんな僕らはずっとインディーズだ。

©️ ぜんぶ君のせいだ。

きっと、愛海やましろやよつ(僕もだけど)は最初から、或いはもう今は来なくなった子達の顔も覚えてる。僕も昔のように声はかけないようにしてるけど、全然覚えてる。あけぼのやおやつは今必死に皆の事を脳に焼き付けようとしてる。だってなぜかって、君らが僕らをここまで連れてきてくれた人たちだから。

 

北海道のあの子たち、東北のあの子たち、日本海側のあの子たち、関東のあの子たち、中部のあの子たち、関西のあの子たち、瀬戸内のあの子達、四国のあの子たち、中国地方のあの子たち、九州のあの子たち、沖縄のあの子たち、最近では海外のあの子たち。

 

皆が大きな舞台に連れて言ってくれた。だからこそ、ずっとやってるけど、また今度は僕ら皆の街に(街の近くに)LIVEしに行くよ。皆の街の音楽を守ってくれてるLIVEハウスって場所で、きっと皆がそこで楽しんだり涙を流したりしたその場所に、僕らも行く。

 

存分に遊べるといいな。LIVEして生きてきたぜんぶ君のせいだ。だから、LIVEで会話出来ると信じている。他の何かなんてどうだっていい。その瞬間、ぜんぶ君のせいだ。が全ての煩わしさから解放してくれる、僕だってそうだ。彼女達の全力さにいつだって勇気をもらっている。

 

日付が変わって今日7/7(日)が初日。初日は渋谷CLUB QUATTRO。新生わがままTOURの初日もクアトロだった。その時のツアーは10公演程。今度は3倍の公演数31。

 

ツアーって不思議で、当たり前なんだけど公演数が多ければ多いほど、一回一回の公演のチケット売上は下がる。よっぽど人気のアーティストでもそうで。人気アーティストの東京は取れないけど、地方だったら取れるってそう言う事だったりする。東名阪のツアーが多いのもそんな理由だよね。そこに”人を集める”と言う事に皆が注力する。そんな決まりごとどうだっていいやって挑んだのが前回のロングツアー「みんなごとTOUR」だった。行った事ない土地なんかはまだまだ全然人が少なかった。それでも構わない、全然いい。来てくれてありがとうって皆言ってくれて、本当に楽しそうにしてくれた。メンバーたちはそんな皆に力をもらって、また前に進むから。今回だってきっとある、人少ないなーって箇所だって絶対ある。だって行った事ない所に行くんだもん。でも、やっぱりそれでいい。

 

なんだけど、その初日のクアトロに、以前ツアーで行った時とは比べ物にならないくらい人が来てくれる。現時点でもソールドを出して問題ないくらい。こんなに嬉しいことはないよ。だってツアーで皆の所に行くから、その時来てくれたらそれで十分なのに、きっとまた全国から全世界から初日を観に来てくれる。前々回の3倍の規模感のツアーなのに。嬉しい。何よりも嬉しい。

 

前回のロングツアーの時には全然埋まらなかった所、人も疎らだった所に、今度はたくさんの人が来てくれる。各土地行ったことない所も、ちゃんとそこに人が居てくれる。嬉しい。

 

皆のそんな期待に、メンバー達は報いてくれる。絶対に。毎日必死にやってる。新メンバーが入って来てからも、とてつもない努力をしてる。だからきっと明日は、楽しいの一言に決まってるんだよ。

 

皆楽しもうね、毎日色んなことがしんどかったり辛かったり苦しかったりするけど、そんなの一瞬で彼方まで吹き飛ばしてくれる。僕はそう信じているし、皆もきっとそうでしょ。

 

毎度のことだけど、前日は眠れるわけがないんだ。準備があったり、仕込みがあったりとか、そう言うことで眠れないんじゃなくて、ただただ楽しみで眠れない。メンバーたちやファンの皆の楽しそうな顔を想像してしまう。それが明日現実になるからね。

 

うん。

 

最後に、CULT CHAOS CUTIEって以前も使ったんだけど、このタイミングで絶対に使いたいなって思ったんです。とても彼女たちらしい一言だなって思うんだ。カルト的に混沌で可愛いってどう考えたってぜん君。じゃんって、ぜん君。のLIVEじゃんって思うので。

 

あぁ、それから、明日LIVEで皆が少し驚くものがあるのかもしれないんだけど、順番を覚えておくといいよ。物販待ちの暇な時にでもこれを見て、覚えておくといい。いい?

 

愛海→あけぼの→ましろ。よつ→おやつ。

 

ね。これは既発してないからね、それぞれのファンの子達は絶対に覚えておくといい。きっと反射的に動いてしまう患い諸君だと思うんだけど、ちゃんとこれだけは覚えておいてもらえると「え、なになに…」って動揺しなくて「うおー」って楽しめんじゃないかな笑

 

そんな感じで、明日は東京都渋谷区のCLUB QUATTROと言う場所で存分に遊ぼうね。では。

関連記事

  1. 3年ですって。

  2. ぜんぶ君のせいだ。「Egoistic Eat Issues」前半

  3. ぜんぶ君のせいだ。「みんなごとTOUR」

  4. 少年がミルク「CURTAIN CALL」MV解説

  5. それぞれの憧れ

  6. 少年がミルク「CURTAIN CALL」MVについて

  7. サイトが攻撃を受けまして

  8. オーディション

PAGE TOP